靴下のお洗濯について

少しでも長く履いていただけるように

糸季の靴下は、糸・糸の染め方にこだわり、ひとつひとつ丁寧に編み立てています。
ですので、靴下を消耗品とは考えておりません。
ほんの少しの手間で、靴下は長持ちしてくれます。

糸季の靴下を長く履いていただけますように、以下の手順でお洗濯いただくことをおすすめします。

ポイントは、

  • ニットを洗うときのことを思い出すこと と、
  • 裏返し洗い です。

 

1・靴下の表側を軽くはたき、ホコリをはらう

  • 乾いた状態ではらうのがポイント
    (表側につく泥・砂汚れは水に溶けないため)

2・靴下を裏返す

  • 汚れ落ちと生地の痛み防止のため。
    ( 詳しくは後ほど )

3・手洗いがベスト! ( 洗濯機も可 )

  • 洗濯機可でも、手洗いがおすすめ
  • 洗濯機を使う場合は、ネットに入れて、手洗いコース・おしゃれ着洗い(洗濯機メーカーにより名称は異なります)などの水流がやさしい設定で洗う。

    4・履き口を上にして陰干し

    • 履き口・ゴム部分を上にします。(ゴムの劣化を防ぐため)
      裏返しのまま干してもOK。
    • 直射日光を避け、陰干し。(生地の痛みを防ぐため)

      - 裏返し洗いの理由 -  

    • 靴下の裏側には伸縮性のある糸を使用しています。
      その糸に皮膚や角質などのタンパク質汚れが絡み付着します。
      絡んだ汚れは洗剤では落ちにくいため、裏返してこすり洗いすることが効果的です。
      裏返して洗うことで、タンパク質汚れから派生する雑菌を防ぎ、嫌なニオイを防ぐことができます。
    • 表側の天然繊維は摩擦のダメージに弱いため、裏返して洗うことで天然繊維が守られます。
      そのため色落ちや毛玉、毛羽立ちを起こしにくくなります。

      -洗濯表示-

      糸季の靴下のほとんどが、以下の洗濯表示です。
      洗濯機使用可ですが、上に書いたとおり 手洗いを推奨 しています。

      洗濯表示 洗濯 漂白 洗濯表示乾燥

      液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる

      塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止 タンブル乾燥禁止
      日陰 吊り干し アイロン禁止 ドライクリーニング禁止
      日陰のつり干しがよい アイロン仕上げ禁止 ドライクリーニング禁止

      ORGANIC GARDENの商品について

      • 防縮加工をしていませんので、洗濯後多少の縮みが出ます。
      • 製品により、熱に弱い弾性糸を使用していますのでアイロンや乾燥機のご使用はお避けください。
      • 薬品洗浄、漂白などをしていない原綿のままなので綿花の茎やかすが混じってますが、洗濯をしていくうちに良くなります。
      • カラード・コットン製品は日光により色が変化していきます。
        茶色は色が濃くなり、グリーンは茶色、またはグレーがかった色に変化していきます。これは天然のカラード・コットンならではの独自の変化です。
        洗濯時には環境や健康に配慮した、せっけんをお使いいただくことをおすすめします。